本文へスキップします。

【全】言語ボタン

【全】検索フォーム外部

H1

機械加工

KV

機械加工

コンテンツ

小穴多穴加工 加工例

小穴多穴加工 加工例

最新鋭のマシニングセンター、NC旋盤を用いた半導体、FPD(液晶、有機EL)製造装置用の小穴多孔加工品を得意としております。

特徴

マシニング

  1. 最大加工サイズ:1,500mm×1,500mmまでの加工が可能です。
  2. φ330mm範囲内で25μm±5μm(数十箇所)の凸高精度加工が可能です。
  3. 純アルミ、A5052、A6061、純ニッケル、SUS316、SUS304、銅の加工実績があります。

旋盤

  1. 最大加工径:φ880mm、最大加工長さ:890mmまでの加工が可能です
  2. 大口径/薄板の平面度、平行度の高精度加工が可能です。
  3. 純アルミ、A5052、A6061、純ニッケル、SUS316、SUS304、銅の加工実績があります。

加工技術

小穴多孔 量産実績=φ0.55mm、深さ20mmの多孔板。
構成刃先対策 センタースルードリルを採用 φ0.8mm穴以上対応可
バリ無し加工 バリの発生を極力抑える加工+後処理で微細バリを除去
精密洗浄
平面平行精度 製品形状に適したチャック方式や社内での中間熱処理等により高精度加工を実現
小穴検査 非接触画像測定器を用いた全穴の検査データの保存が可能
熱処理 ステンレス材の脱ガス熱処理や応力除去熱処理が社内で処理可能
☆熱処理は真空炉を用いて行うため、酸化膜除去は不要です。