本文へスキップします。

【全】言語ボタン

【全】検索フォーム外部

H1

品質・環境への取り組み

KV

品質・環境への取り組み

コンテンツ

ニッコーシグループは、「品質(ISO9001)・環境(ISO14001)」の統合マネジメントシステム(IMS:Integrated Management System)を構築しています。
そして事業活動における環境負荷の低減に継続して取り組むと共に、環境関連事業(リユース、リサイクル部品等)、新・省エネルギー関連事業(環境発電、微小電力等)を推進のうえ、JIS Z7201に基づく製品含有化学物質管理にも積極的に取り組んでいます。

統合マネジメントシステム(IMS:Integrated Management System)

ニッコーシグループでは、東京本社、埼玉事業所、白河事業所において、次のISO規格認証を受けています。
(認証機関:ビューローベリタスジャパン株式会社)

品質マネジメントシステム ISO9001:2015,JIS Q 9001:2015

認証番号: 3457608
初回認証日: 2009年8月4日、2015年版認証日:2017年9月29日
認証範囲: 認証範囲はISO9001/14001共通
半導体・フラットパネルディスプレイ・ソーラーパネル製造装置部品、電子部品、流体制御装置部品の設計開発製造。レアメタル、磁性材料、電子材料の販売。
DESIGN, DEVELOPMENT AND MANUFACTURE OF SEMICONDUCTOR・FLAT PANEL DISPLAY・SOLAR PANEL MANUFACTURE EQUIPMENT PARTS, ELECTRIC PARTS, AND FLUID CONTROL APPARATUS PARTS.
SALE OF RARE METALS, MAGNETIC MATERIALS AND ELECTRONIC MATERIALS.

上記は、国内サイトが対象です。

品質方針

  1. お客様の要求事項を満足する製品を確実に提供します。
  2. 品質目標を設定し、定期的に達成度を評価し事業活動に反映します。
  3. 品質マネジメントシステムを継続的に改善し、品質パフォーマンスを高め、お客様の満足度向上に取り組みます。

品質目標

更なる顧客満足度の向上を目指し、お客様からのクレーム件数や、製造工程においては不良損失(売上原単位管理における費用・比率)を含め、各部門におけるQCDの項目をKPI指標とし、数値目標を定め継続的改善活動を推進しています。

IMS(品質)活動内容

IMS推進委員会を組織し、年間計画に基づき毎月初めに推進委員会活動を行っています。
方針管理として毎期初に年度経営計画に基づく部門目標を設定し、IMS推進委員会を通じ改善活動やその進捗など、PDCAサイクルの実施状況を検証しています。
そして年間の活動内容と成果を、マネジメントレビューを通じ経営層へ報告し、そこからの指示事項を得て新たな活動へ展開しています。

2016年の品質への取り組み結果

IMS活動より、2016年の生産実績が前期を上回り、一部の工場品質KPIに影響を与えていますが、前年実績と比較すると良化しIMS推進活動の成果が出ています。
2017年も年度経営計画達成のため主要KPIを目標管理に展開し、継続的改善を推進してまいります。

2017年の品質への取り組み結果

2017年9月にISO9001/14001:2015年版規格の移行認証を受けました。

環境マネジメントシステム ISO14001 : 2015,JIS Q 14001:2015

認証番号: 3457609
初回認証日: 2009年8月4日、2015年版認証日:2017年9月29日
認証範囲: 認証範囲はISO9001/14001共通
半導体・フラットパネルディスプレイ・ソーラーパネル製造装置部品、電子部品、流体制御装置部品の設計開発製造。レアメタル、磁性材料、電子材料の販売。
DESIGN, DEVELOPMENT AND MANUFACTURE OF SEMICONDUCTOR・FLAT PANEL DISPLAY・SOLAR PANEL MANUFACTURE EQUIPMENT PARTS, ELECTRIC PARTS, AND FLUID CONTROL APPARATUS PARTS.
SALE OF RARE METALS, MAGNETIC MATERIALS AND ELECTRONIC MATERIALS.

上記は、国内サイトが対象です。

環境方針

  1. 事業活動により生じる有害物質及び環境負荷を削減し、汚染の予防と環境保護に努めます。
  2. 環境法規制及びその他の要求事項を順守し、自主基準を定め管理します。
  3. ステークホルダーとの共通理解のもと、環境目標を定めPDCAサイクルを実践し、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。

環境目標

当社は法令法規の順守は元より、汚染の予防を含む環境保護を推進するため使用電力量、Co2、廃棄物、使用済み薬品等の各排出量削減、リサイクル向上、水使用量削減などをKPI指標として環境活動を推進しています。また、社内外での5S活動も通じて環境活動を継続しています。

IMS(環境)活動内容

環境活動推進にあたり環境管理委員会を組織し、年間計画に基づき推進委員会活動を行っています。品質と同様に各サイトで環境目標を設定のうえ毎月目標達成状況を確認し、PDCAサイクルの実施状況を検証しています。また、安全衛生防火委員会活動におけるパトロールや従業員教育活動と合わせて、安全で衛生的な業務環境の継続的改善を行っています。

2016年 環境への取り組み結果

IMSにおける環境活動より、2016年も法規制およびその関連業務の監視を継続し、行政指導の対象となる事象の発生は無く、ステークホルダーからの環境関連トラブル情報もありません。 来期も継続して環境負荷低減を含めた環境活動に継続して取り組んでまいります。

グループ会社の取り組み

ニッコーシグループの関係会社においてもISO9001、14001、OHSAS18001認証を取得しています。詳細は、こちらを参照ください。